売買・一戸建てを探す
TEL.049-298-6555
川越市周辺のお部屋探しはみやこ不動産にお任せください!!
スタッフブログ

2016 年 4 月 4 日

小江戸川越春祭り 喜多院の様子

小江戸川越春祭り始まりましたね~。

昨日、満開の桜を見に喜多院へ行ってきました。

みなさん実に楽しそうに宴会の真っ最中。

そして、喜多院の広場では民謡会の方たちが

満開の桜の下で踊りを踊っていい雰囲気。

写真も撮ってきましたので、

よろしければご覧くださいな。

桜満開の下には多くの花見客と

屋台が立ち並ぶ。

レジャーシートを敷き詰めて皆さん楽しそう。

今日降った雨で、もしかしたら

喜多院の桜は少し散ってしまったかもしれませんね。

でも、喜多院の桜は少し早めに咲くそうなので

川越の他にある観光スポットの桜は

これから見ごろを迎える場所もありそうですよ。

まだまだ小江戸川越春祭りは続きます。

ぜひ川越に足をお運びくださいね~。

2015 年 4 月 4 日

あなたに大吉!

昨日が満開だった川越の桜は

もう少しずつ散り始めています。

今日は喜多院へ行ってきました。

まるで境内が桜に包まれているかのように

一面淡い桜色。

ここ喜多院では夜桜が有名なので、

境内の中に屋台が立ち並び

とても賑やかな宴の席を楽しむことができる場所です。

案内板の後ろには『じゃがバター』の文字が躍ります。

案内板を見ると、東照宮と書いてありますね。

東照宮は日光だけではないんですよ、

川越にもあります。

そんな中、ツアー客らしき人影が・・・。

川越の名所を案内するシニアガイドさんですね!

こちらの赤いジャケットが目印のガイドさんは観光客の方へ

川越の名所や歴史を説明してくれるんです。

今は、『五百羅漢』様の説明をしているようですね。

この柵の先には500体さまざまな恰好や表情をしている羅漢様が

いらっしゃり、羅漢信仰という考えに基づくものなのだそうです。

http://www.kawagoe.com/kitain/history-culturalasset/500arhat/

楽しい川越散策をお過ごしくださいね~!

さてさて、私達はすごい強運の持ち主!でして、

おみくじを引くと、どういうわけか

『大吉』なんですよ!

いつもこのくじ運を宝くじに使えばいいのではと

よこしまな考えをついつい過ぎってしまいますが、

日々幸せに暮らせればそれで良いのです。

よって、宝くじは一年に一回買う程度です。

(結局買うらしい・・笑)

川越に住むと楽しいイベントがたくさんあるかも、

川越ってそんな期待をさせてくれる街なんです。
♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

川越市周辺の不動産/賃貸・売買・貸店舗は

地元川越・駅前の

株式会社みやこ不動産

♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

2015 年 1 月 9 日

喜多院 だるま市2015年

2015年01月03日(土)
テーマ:

1/3のお正月イベントといえば、
喜多院のだるま市です。
我が家では毎年恒例となって
おります。
見てください!
この立派なお顔のだるまさんを!
しかし、いつもなら
元気過ぎるウチの子を連れて
ワイのワイのと参拝に行くのですが、
今年は私一人だけ。
ケンカした訳では無いですよ~。
旦那さんが水疱瘡に掛かって
しまったんです。

一人で行くのはどうしようか

悩みましたが、
「女は度胸だ!寒いけど行くよっ」
ってなわけで一人で参拝に行きました。
ま、近いので、そんな掛け声は
無用な気もしましたが
何にでも勢いは必要です。
喜多院のだるま市は有名なので、
すっごく混雑します。
午前9時迄に喜多院にゴールが
私の目標。
そうなんです、自動的に駅伝が
見られない時間に行かなくては
なりません。
でも、そこは我慢。
駅伝が終わる前に屋台などに釣られず
家に帰還すれば良いのです。
(^∇^)
出来るかな~。。
午後になれば、
参拝の列は山門の外まで並ぶ事に
なるほどに大勢の方が
喜多院に足を運びます。
それもそのはず、
徳川家康から信頼の厚かった
天海僧正を喜多院に配置し、
喜多院を再興させます。
それほどに江戸の北側に位置する
川越を重視したのです。
天海僧正が川越に来てくれたおかげで
喜多院が有名になったとも
言えますね。
喜多院の隣には、
東照宮があります。
日光東照宮が有名ですが、
川越にも東照宮があるのです。
何故なら家康が没し、
(以下、川越探検隊より抜粋
http://www.kawagoe.com/exploration/exploration04.html)
家康の遺骸を久能山から
日光山へ移すことになりますが、
途中行列は喜多院に入り、四日間の法要が営まれました。
そして、日光山へと遺骸は運ばれ、
東照宮に祭られたのです。

秀忠は、江戸城内にも東照宮を造りましたが、天海も寛永十年(1633)年、
喜多院の境内に東照宮(仙波東照宮)を造営しました。


初めての一人旅。←大げさ。

そんなわけで、
だるま市に初めて一人で行って
きました。
…やっぱり誰か一緒に行って
おみくじが引きたかったな~。


Facebookもよろしくね!
https://ja-jp.facebook.com/honkawagoe.miyako.fudosan




本川越駅から歩いて1分
地元生まれの
㍿みやこ不動産
川越市新富町2丁目33-8