売買・一戸建てを探す
TEL.049-298-6555
川越市周辺のお部屋探しはみやこ不動産にお任せください!!
スタッフブログ

2017 年 3 月 11 日

3.11 この日から地震対策をチェック ~食器棚~

2017年03月11日(土)に書かれた記事です

この日の6年前、
何をしていたか、はっきりと思いだせます。
子どもと2人で平和な時間を過ごして
いたのに突然の大地が翻るかのような振動。
それでも、破損したのは
食器棚から飛び出した皿一枚だけ。
ものすごく不安な思いをしたのに、
被災地の方々の状況は
いかばかりだったのだろうと
毎年思います。
この日の経験が、私達に地震対策を
日頃からしっかりしなければと
思い起こさせてくれています。
まずは命を守ることが大事ですね。
そこで、今日チェックしていただきたいのは、
食器棚、もしくは背の高い収納棚です。
一般的なお家の天井は2m40cmで
設計されていますが、
食器棚や収納棚は、1m80cm〜2mタイプが
多く、天井との間に隙間が空いてしまいます。
背の高い物は倒れやすいので、
ホームセンターに行くと
地震対策用の突っ張り棒が売られていますが、
この取り付け位置。
はたして、
正しい位置に付いているのでしょうか?

写真は突っ張り棒が付いている

正面から見た収納棚の写真なのですが、
これを少し横から見てみましょう。

突っ張り棒の位置は、

棚の奥から少し離れた位置に付いてますが、
これは正しい位置なのでしょうか?
残念ながら
正解の位置は、ここではありません。
一番奥まで、壁ギリギリまで
突っ張り棒を設置するのが正しい位置
なのだそうです。
家具が倒れる状態になるには、
家具の奥の部分が持ち上がることで
傾くようになるのを、奥を傾かせないようにする。
これが大事なのだそうです。
なので、突っ張り棒は
奥の壁沿いに設置するのが
正しい取り付け位置です。
ですが、天井の強度や、床面との兼ね合いも
ありますから、突っ張り棒だけではなく
本当ならば、
壁に取り付け金具で固定した方が良いですね。
さらに言うと、
造り付け家具は
壁にしっかりと固定されているので
棚自体が倒れる心配は無さそうですが、
扉が開いて中の物が飛び出してくる
可能性もあります。
そんな時は耐震ラッチ付き機能があるものが
有効です。
収納物が飛び出てこないように、
揺れを感じると扉が固定されて
開かないようになります。
今では、後付けの耐震ラッチもある
そうなので、そちらもチェックしてみて下さい。

2017 年 3 月 8 日

これぞ観光の醍醐味♪ 蔵造り通りで食べ歩き~。

小江戸どうぶつ病院さんの取材の帰りに、
事務員Sちゃんと、
「蔵造り通りを通って帰ろうか〜」
という話になりました。
ふふふ、あわよくば何か食べ物を
ゲットしようという魂胆見えみえですね。
そんなわけで、漕いでいた自転車を
止めたのは、こちらのお店の前。
{06202F1E-B8CE-4DFA-A7C5-467B8E4A7109}

『ごま福堂』さん!

なんとも実に、ごま専門店です。
{1EDB0E52-EE51-412E-98B2-AE27D3605B72}

ほら、ほら。

食べ歩きにどうぞ、って書いてありますよ。
早速中に入ってみましょうか。
{05A9B8F6-FE20-40BC-A284-091A8B1C8542}

本当は黒ごまソフトを買おうと思って

入った店内でしたが、
さすがゴマ専門店さん。
種類が豊富!
カナヘイうさぎ
どんな商品があるか
見てみたいでしよー。
じゃあ、ちょっとお見せしちゃいますよ。

 

色々ある商品の中で気になったのが、

写真映した金ごまキューブと、
黒ごまくるみの二つ。
で、結局購入したのは
『黒ごまくるみ』
これね、本当に美味しいんだから。

パッケージから出すと、

こんな感じ。
私の手相見てないで、くるみを見てくださいよ。
その他に、
おからゴマコロッケ、
ゴマだらけ大学芋も買ってみました。
すっごいゴマ感。
食べて健康になれるなんて、
イイじゃないですかっ。
川越の蔵造り通りも
色々お店があって
「食べ歩きサイコ〜!」
という気分て事務所に帰ってまいりました。
皆様も川越にお立ち寄りの際には
食べ歩きサイコー気分を味わってみて
くださいね。

2017 年 3 月 3 日

中古マンションを買おう!②

こちらの記事は2017年02月23日(木) に

アメーバブログで掲載したものです。

 

中古マンションも一戸建てを買う時も

 

気になるのは日当たりの問題。

 

風水で東南の向きが良しとされているのは、

 

真南だと夏の日差しが厳しく、

 

真西は西日が強烈で・・と。

 

それらを回避するための言わば生活の知恵のようなものですね。

 

今回、日当たりというキーワードを元に

 

どのようにマンションに影響が出てくるのかを考えたいと思います。

 

まずは、下の写真を見てください。

 

恐らくこの建物は南向きにベランダがあって、

 

日当たりを確保するためにマンションの敷地内に

 

駐車場が整備されているのでしょうね。

 

この駐車場がこちらのマンションのものであれば、

 

全然問題はないのですが、

 

もし、マンション管轄の敷地ではなくて、

 

別の所有者の敷地だとすると、いったいどういうことが

 

起きるのでしょうか?

 

実は駐車場という性質のものは、

 

簡単に背の高いマンションになり得るのです。

 

だから、

 

「目の前が駐車場で、その先の公園が見渡せるし、

 

日当たりもいいからここに決~めた!」

 

という理由だと、2・3年後には高層マンションが

 

建築されて、その眺めの良かった公園も

 

日当たりもなくなってしまうかもしれないのです。

 

 

皆さんが家を借りるとき、

 

不動産屋さんに行って色々な書類やら契約書やらで

 

長い時間説明を聞いて、やっと家が借りられるのは、

 

みなさんが家に住む権利を与えられるからなんです。

 

難しいことを言うと、

 

借地借家法という法律によって

 

住む権利が守られているからなんです。

 

でも、駐車場は人が住んでいるわけではないので、

 

借地借家法が適用されません。

 

例え、契約してある車が駐車してあっても、

 

「この日までに契約終了ですよ~、

 

この土地から出て行ってください~。」と

 

言われてしまいます。

 

もちろん、駐車場でなくても

 

古いアパートがあって住民が住んでいたとしても、

 

大家さんに正当な理由があれば、

 

住民は立ち退きを余儀なくされることもありますので、

 

目の前が背の低い2階建てのアパートだとしても、

 

安心することはできません。

 

では、将来的にずっと南側の日当たりを

 

確保できる物件とはどのような物件なのでしょうか?

 

それはまた日を改めて書かせていただきますね。