売買・一戸建てを探す
TEL.049-298-6555
川越市周辺のお部屋探しはみやこ不動産にお任せください!!
スタッフブログ

2018 年 5 月 21 日

キッチンの丁度良いサイズ感は?

こんにちは!
宅地建物取引士
インテリアコーディネーター
まり~です。

 

誰だって使いやすいキッチンで
お料理をしたいですよね?
これから家を建てるという方は
キッチンを自由にレイアウトできるけど、
もうキッチンは既にあるし・・・
使いづらくても仕方ないえーん
そう思っていませんか?
でも、これを知っていると
少し違うかも!?
キッチンの基本形は
I型とL型に分かれます。
キッチンの商品価格としては、
L型の方が製造するのにI型よりも
パーツ数が多く、より難度が高いので
標準装備されているのは
ほとんどがI型となってきます。
じゃあ、
なぜL型のキッチンが存在するのかというと、
L型のキッチンの方が
作業動線が効率が良いから。
 作業動線は
冷蔵庫→シンク→ガスコンロ
このポイントを
三角形にして配置すると
作業しやすいと言われています。
でも、この3つ以外にも
重要なポイントが。
それは調理スペースです。
調理スペースが無さ過ぎても
調理スペースが十分にあったとしても
冷蔵庫右矢印シンク右矢印ガスコンロ
このポイントを結ぶ三角形が大きすぎて
使い勝手が悪いという事になってしまいます。
すぐ上矢印上の写真のような動線が長すぎる
キッチンの場合は
冷蔵庫までの距離が長いから
事前に使用する食材を全部出して置ける
ワゴンがあれば
使い勝手はかなり違ってきますし、

上矢印こちらのキッチンのような

調理スペースが無い場合には

調理スペースを付け足します。

 

この場合、100均で買ってきた

板を加工してシンク上に置く事によって

調理スペースを確保しました。

 

 

人によってはキッチンの使い勝手は

地域性だったり、

どのように使うかで変わってきます。

なので、上で紹介した事例が

全ての方に合うとは限りません。

 

キッチンをどうにかしたい!

とお困りでしたらご相談いただければと

思います。

お子様が居る家庭や
物が溢れて困っている方、
キッチンメーカーに居た経験と主婦目線から
キッチンを楽しい空間にしたい方に
キレイがつづくお片付けを提案しています。

 

 

 

不動産のお仕事の依頼㈱みやこ不動産




メールでのお仕事依頼はこちらをクリック↓

『キレイがつづくお片付け』

 

このコメント欄の RSS フィード

<< 川越パンマルシェが盛況すぎて | ブログトップへ | 公園の借景がナイス! ~BROOKLYN MILLS~ >>