売買・一戸建てを探す
TEL.049-298-6555
川越市周辺のお部屋探しはみやこ不動産にお任せください!!
スタッフブログ

2017 年 2 月 25 日

地域のみんなで子ども達を育むということ

2017年02月25日(土)

 

 

今日は一日暖かくて良いお天気でした。

 

きっと川越の観光スポットも混んでいただろうな~と

 

思いつつ、私は何をしていたかと言いますと、

 

川越市子ども会育成団体連絡協議会

 

略して「市子連」の総会に出席してきました。

 

学校で1名だけという「理事」という立場での

 

出席とのことで、一体何をする団体なのか

 

全くの未知でしたが、ようやく全容が明らかに。。。

 

 

川越市と川越市の子供会のパイプ役という

 

のが私の役目らしいのです。

 

川越市が主催する

 

「かるた大会」の運営や、

 

ジュニアリーダーの育成に力を入れているようです。

 

ジュニアリーダーというのは、子供達が集まった時に

 

レクリエーションを率先して行ったり、

 

リーダーシップを取れる人物のことです。

 

ちょっと前まで、

 

本屋さんに行くと「リーダーシップ論」について

 

書かれている本が目についたのですが、

 

リーダーシップは持って生まれたものではなくて、

 

後天的に環境によって育まれていくものだという理論。

 

私もその通りだと思います。

 

日本の企業と外資系の企業の両方で

 

勤務していた私が思うに、

 

日本人の方は集団行動は優秀だけど、

 

人をまとめて意見を述べるとか

 

自ら行動するということに奥手な方が多いという

 

印象があります。

 

日本には子ども達がディスカッションを学ぶ場とかも

 

もっとあっても良いのではと思います。

 

 

でも、それには川越市の公務員では無い、

 

私のようなお母さんたちが、

 

土曜日の昼間に

 

子どもの育成のために会議を行っていることも

 

忘れてはいけませんよね。

 

それから、毎朝ボランティアで

 

子ども達が事故に遭わないように

 

横断歩道の前で立ってくれている

 

地域の方達。

 

私の地区では毎日、毎日

 

自治会長さんが、登校と下校の時にも

 

見守りをしてくれています。

 

とってもありがたいことです。

 

私も地域で順番が来れば、

 

出勤前に旗当番に立ちに行きますが、

 

毎日毎日行うということは

 

具合の悪い時もあるだろうし、

 

とても大変な事です。

 

まだ小さな赤ちゃんがいるお母さんにとって、

 

世界が赤ちゃんと自分たちの2人だけの

 

世界になりがちですが、

 

幼稚園、小学生、中学生になれば

 

地域に関わる場面が増えていきます。

 

なぜなら、みんなで子ども達を支えているからです。

 

いまは夜泣きがひどかったり、

 

ママ友がいなくて大人と話す相手が欲しいとか

 

色々悩みがつきないかもしれませんが、

 

今は、赤ちゃんの

 

ぷよぷよして柔らかいほっぺただったり、

 

足をほよほよ撫でててあげて

 

自分も癒されてください。

 

あっという間に大きくなって、

 

もう抱っこなんてできなくないほどの

 

体重になってしまいますよ。

 

このコメント欄の RSS フィード

<< ペットは家族の一員 小江戸どうぶつ病院 | ブログトップへ | 中古マンションを買おう③  >>